グァム

t’way(ティーウェイ)の機内持ち込み手荷物の制限は?

現在グアムに来ています。関西国際空港からグアムまでのt’wayのチケットでやって来ました。僕が懸念していたことは、機内持ち込み手荷物の重量について。僕の荷物は制限オーバーする可能性が高いので。

t’wayの持ち込み制限は10kg

まずは公式サイトを検索してみます。

機内に持ち込むことができる手荷物は、身の回り品(ハンドバック、ショッピングバックなど)のほか、お 一人様1個です。航空保安検査の強化および機内安全の為、持込み手荷物は最小限にすることをおすすめ致します。

http://www.twayairlines.jp/service/baggage.html

つまりハンドバッグ以外にスーツケース1個で10kgまでOKとのこと。エアアジアは合計で7kgまでですから、t’wayはかなり懐が深いですね。

僕の荷物の量は?

僕は、機内持ち込み可のスーツケース及び、カメラやパソコンなどを収納しているバッグの2つ。合計すると、15kgから17kgほどの重さがあります。スーツケースだけで見ると10kgをオーバーすることも今までありました。

規約でみるとスーツケースだけで10kgで良さそう

スーツケースが10kgの制限さえ超えなければ大丈夫。ならばとスーツケースの中に入っている書籍類など、かさばらないけれど重い荷物を肩掛けのバッグへと移動させました。

バッグはかなりの重量になりましたが、スーツケースは軽い。これなら余裕で10kg未満で行けそうです。(重量図る機械ほしいです。)

t’wayの荷物チェックは甘かった

t'way チェックインカウンター

t’wayのチェックインに少し緊張しながら行きました。預け荷物はありますか?という問いに機内持ち込みだけです。と回答。荷物は10kgオーバーしてないよね、大丈夫だよねと少し緊張していましたが、荷物を量ることすらありませんでした(大丈夫か?)。

レガシー・キャリアで荷物が含まれている時ならまだしも、LCCで荷物チェックがないなんて初めてでした。

t’wayはLCCなのに預け荷物が無料?

記事を書くために改めて調べていたのですが、t’wayはどうやら預け荷物が1個15kgまで無料のようです(日本 – 韓国線)。LCCなら荷物にはお金がかかる、という常識を覆しているLCCのようでした。驚きました。

さらには、日本 – グアム線に関しては23kgまで無料とのこと。これなら、手荷物の重量オーバーしても預け荷物にすれば良いので安心ですね。

だからこそチェックが甘かったのかな?個人的には預け荷物が無料でも、ロストバゲッジの回避やイミグレの待ち時間などで荷物をスーツケースの上に置いておきたいのでやはり機内持ち込みしたいです。

ABOUT ME
藁半紙(わらばんし)
藁半紙(わらばんし)
Macbook片手に世界を旅する自由人。住所不定。初海外から4年で32ヵ国へ。LCCやドミトリーといったバックパッカー的な旅もするが、"旅の裏技"で、ファーストクラスや五つ星ホテルもコスパよく楽しむのが好き。旅そのものが仕事になるライフスタイルを目指す。