クルーズ

初クルーズにコスタ・ネオ・ロマンチカがオススメな5つの理由

先日、人生初めてのクルーズを体験してきました。新しい経験に胸が踊って、クルーズ初心者の僕でも毎日がパーティのような最高に楽しい時間を過ごすことができました。

クルーズ、一気にハマりそうです!今回コスタ・ネオ・ロマンチカというイタリアのクルーズに参加したのですが、初めてのクルーズをこの船でよかったなと思う機会が何度も思いました。

僕が乗船して感じた、初クルーズはコスタ・ネオ・ロマンチカにして良かった点をまとめてみます。

クルーズ気になってる方、クルーズデビューしましょう!

①日本語が通じる安心感

コスタに乗ると、ほとんどのスタッフが「こんにちは」と声をかけてくれます。イタリア人もフィリピン人も、インドネシア人もインド人もみんなそうでした。イタリア船だから「ボンジョルノ」なんて言われるのかと、やや緊張していましたがホッとしました。

全員が日本語を話せるわけではありませんが、レストランではすべて日本語で対応してくれる外国人スタッフもいます。単語単語を多くのスタッフが理解してくれるのでオーダーも問題なし。フロントには日本人スタッフもいるので安心です。

極論、英語がまったく話せなくてもクルーズでは困りません。英語に関する不安がないので安心して乗れるクルーズがコスタ・ネオ・ロマンチカです。

②日本発着、日本の観光地がメイン。

コスタ・ネオ・ロマンチカは金沢、舞鶴、福岡、名古屋、東京などが発着地です。海外発着だと港まで無事にたどり着けるのか心配だったり、トラブルに見舞われる可能性だって上がりますよね。

その点、国内発着ならそんな心配もなく安心です。

海外寄港地ばかりが続くと、慣れない土地の緊張感で疲れも溜まりやすいですが、コスタ・ネオ・ロマンチカが帰港する海外は韓国の釜山だけ。他は国内クルーズですので体力的にもオススメです。ただでさえ初クルーズで見えない疲れがたまりやすいので。

また、体調を崩してしまったり持病が悪化してしまった場合なども、日本近海をクルーズしているので近場の病院へと駆け込めますよね。これが全行程海外クルーズならちょっと不安です。

③日本人のために作られたクルーズプログラム

コスタ・ネオ・ロマンチカの乗客の9割は日本人でした。寄港地に釜山が含まれるため、韓国人もいますがほとんどが日本人です。

そのため、船内のプログラムは日本語で進行されます。日本人をターゲットにしているだけあって僕が参加した時のショーは、テレサ・テンのメドレーが歌われていて懐かしい気持ちになりました。

クルーズにはディスコもありますが、日本の曲もかかります。いい意味でイタリアのクルーズ船に乗っていることをふと忘れてしまうほどです。

④新たな出会い。友達ができる、繋がれる。

みんなで世界を旅しよう

クルーズ中には出会いもあります。レストランでたまたま同じテーブルだったり、エレベーターで会話したり、ダンスレッスンでペアになったり、同じイベントで意気投合したり・・・。

僕がお話した方は、クルーズが大好きな50代の女性でした。クルーズ好きが高じて、ついには飛鳥Ⅱで世界一周クルーズまでしてしまったそうな。彼女はコスタ・ネオ・ロマンチカを気に入っているらしく、今年だけですでに5回目の乗船なんだとか。

他にも一人だけで参加しているというアクティブな30歳の女性とも仲良くなりました。クルーズでは普段出会うことのない人たちと自然とコミュニケーションが取れることが楽しみの一つです。

⑤激安。コストパフォーマンスが抜群。

忘れてはいけないのが金銭面ですね。日本人のためのサービスがあり安心できるのはわかりますが、飛鳥Ⅱのように高額だったら手が出しづらいところ・・・。たった3日でも15万円ほどしますからね。

コスタ・ネオ・ロマンチカは、一言で言えば激安です。

僕と友人が乗船したのは、

古都と城下町を巡る
麗しの日本海と釜山クルーズ5泊6日(舞鶴発着)

というプラン。僕の友人は、夫婦二人でコスタに乗船して、
5泊6日で12万円ほどでした。

1人あたりたったの6万円。6日間で6万円なので、1人あたり1日1万円ですね。

たった1万円で宿泊費と、レストランでの朝昼晩の食事、様々なイベントやショーに無料参加ができるなんて安すぎますよね。

料金は、時期、ルート、部屋、プランによっても変わります。

詳しくは、コスタ・ネオ・ロマンチカのページでどうぞ。

まとめ

初クルーズ、クルーズ初心者にコスタ・ネオ・ロマンチカはオススメです。

手軽な値段で参加でき、身近なルートをクルーズするコスタで、まずはクルーズを体験してみてください。新しい世界が待っていますよー!

クルーズの世界を覗いてみませんか?

世界でどんなクルーズがあるのか、また初めてのクルーズに必要な全てが紹介された無料のパンフレットが取り寄せできます。

https://www.medipartner.jp/click.php?APID=20199&affID=0004034

ハネムーンや、学生旅行にもクルーズは人気です。ディズニー好きならディズニークルーズなんてたまりませんよね。ぜひクルーズの世界を楽しんでみて下さい。

ABOUT ME
藁半紙(わらばんし)
藁半紙(わらばんし)
Macbook片手に世界を旅する自由人。住所不定。初海外から4年で32ヵ国へ。LCCやドミトリーといったバックパッカー的な旅もするが、"旅の裏技"で、ファーストクラスや五つ星ホテルもコスパよく楽しむのが好き。旅そのものが仕事になるライフスタイルを目指す。