SPGアメックス

[80万円→7千円]アラスカ航空でJALのビジネスクラスを発券したよ。

SPGアメックスカードを活用して貯めたアラスカ航空のマイルでJALのビジネスクラスを発券しました。

マイルを貯めているけど、ビジネスクラスまでは程遠い・・・とお嘆きの方はいませんか?

JALにビジネスクラスで乗るなら、JALマイルよりもアラスカ航空のマイルを貯めましょう。

JALマイルの半分以下、たった25000マイルで、2回JALのビジネスクラスに乗れます。

アラスカ航空でJALビジネスクラスに乗る

今現在、僕はフィリピンにいます。JALのビジネスクラスで帰ることは決めていたので、このままマニラ→日本便で帰国してもいいのですが、せっかくなら長距離路線を乗ってみたいところ。

なので、ジャカルタへ遊びに行ってから帰国することに決めました。

フィリピン→日本は4時間半。
ジャカルタ→日本は7時間半。

せっかくのビジネスクラスです。どうせなら長く乗っていたいですよね。

しばらく日本で過ごした後、フィリピンへの語学留学のためにマニラに戻るのでそのチケットを絡めて発券しました。

ジャカルタ→関空。成田→マニラ

  1. ジャカルタ→関空
  2. 成田→マニラ

です。

スカイスキャナーで、この2区間のJALビジネスクラスを適当な日付で検索すると、

なんと45万円・・・。

とても手が出る価格ではありませんが、クレジットカードで無料で貯まったマイルを活用したので、手数料のたった62ドルで予約できました。

45万円のフライトを、7000円弱で乗れてしまうありがたさ。マイル様様です。

せっかくなので、JALのビジネスクラスにたくさん乗ってみることにした。

今回僕が発券したルートはこちら。ビジネスクラス4回分です。

  1. ジャカルタ→成田
  2. 成田→バンコク(経由)
  3. バンコク→関空(到着)
  4. 成田→マニラ(別日)

この4区間をビジネスクラスで乗ると、通常約80万円とのこと。

実はアラスカ航空のマイルで予約をしようとすると、ジャカルタ→関空の直行便が出てこずに、なんとバンコクを経由して関空へ向かいます

意味わかんないですよね・・・笑。

成田から関空便を別でとればいいのですが、有料で取るのももったいないし、JALのビジネスクラスも楽しみたいので、今回はあえてこの超遠回りなルートで関空へ向かいます!

62ドルで、JALビジネスクラスを4回乗る

この変態的なフライトルートを選択しても、驚くことに、必要なマイル数は変わりません。

必要なマイル数はわずか25000マイル。

JALのマイルでは60000マイルは必要な旅程なので、半分以下です。お得すぎますね。

結果的に、25000マイル+62ドルでJALビジネスクラスを4回も乗れてしまうことになりました!

アラスカ航空のマイルの貯め方

アラスカ航空のマイルの貯め方は、2つ。

  1. アラスカ航空のフライトでマイルを貯める。
  2. SPGアメックスカードの決済でマイルを貯める。

今回はSPGアメックスの決済で貯めたマイルを使いました。

あわせて読みたい
[限定]最短2日でホテルの上級会員になる方法 高級ホテルとは、お金持ちだけが行く特別な場所とは限りません。 わずか10000円でも、30000円相当の豪華な部屋に、朝食...

SPGアメックスカードの特徴でもっともお得だと思うのは、40の航空会社へマイルを変換できること。

普通、アラスカ航空のマイルなんてためようとも思いませんが、SPGアメックスを使っていればポイントが自然とたまります。

200万円分の決済で、今回のフライトが実現します笑。お得すぎますね。

ちなみに入会して3ヶ月間で10万円分決済すると13000ポイントのボーナスがもらえます。

ビジネスクラスは遠い世界だと思っているかもしれませんが、やり方次第では簡単に誰でも乗れてしまうので、ぜひ体験してみましょう。

やることは以下の流れです。

  1. SPGアメックスカードを作る
  2. 日々決済する
  3. アラスカ航空のマイルに替える
  4. JALを発券する

SPGアメックスの紹介は以下の記事にて。

あわせて読みたい
[限定]最短2日でホテルの上級会員になる方法 高級ホテルとは、お金持ちだけが行く特別な場所とは限りません。 わずか10000円でも、30000円相当の豪華な部屋に、朝食...
ABOUT ME
藁半紙(わらばんし)
藁半紙(わらばんし)
Macbook片手に世界を旅する自由人。住所不定。初海外から4年で32ヵ国へ。LCCやドミトリーといったバックパッカー的な旅もするが、"旅の裏技"で、ファーストクラスや五つ星ホテルもコスパよく楽しむのが好き。旅そのものが仕事になるライフスタイルを目指す。