海外トラブルインタビュー

ミャンマーで食中毒で死にかけた上に、プロペラ機で輸送され600万請求された話。

藁半紙
藁半紙
海外旅行でのトラブルをインタビューするコーナーです。

ミャンマー好きのユウジさんが、ミャンマーでのとんでもないトラブルを語ってくれます!

ユウジ
ユウジ
東アジアを中心に旅をしている事業開拓者のユウジです。
中国、ベトナムは共に100回以上は行きました。好きな国はミャンマーです。

ミャンマーで死にかけた。ヘリ輸送の額はまさかの600万円。

ミャンマーはマンダレー北部の都市で食中毒になりました。

海外で飲料水には十分気をつけていました。日本とは違い水道水を飲んではいけないのは当たり前なんですがその日は屋外で飲食ができる店で夕食をとっていました。飲み物はミャンマービールを頼み食事は火の通ってるカレーをメインに食べていました

最後に日本で言うところのスイカが出されましたスイカは切られて皿に盛られてスイカの下にはスイカを冷やす為の氷が惹かれていました屋外という事もあって暑くその冷えたスイカが異様においしく仲間の分まで食べました

その後ホテルに戻りシャワーを浴びてベッドに入った時です突然体が震えあがるほどの吐き気と腹痛に襲われたんです急いでトイレへ行きもどしました下しました治らず更に寒気が襲い自前の体温計で熱を計ると41度を超えています全身の血の気が引き貧血状態になりベッド脇で倒れてしまったんです。

何とか携帯を手にして仲間に連絡そのあたりで意識は朦朧としていました人生で経験した事がない異常の脱力感から、

この死を覚悟しました

覚悟というよりは悟りましたこれ死ぬな案の定意識がなくなり仲間が病院の手配をしてマンダレー市内の病院に運ばれたそうですそこで治療を開始したそうですが私の心拍数が落ちてしまいその病院では手に負えない半分諦めて欲しいまで仲間は言われたようです

仲間が何とか日本の旅行会社と連絡を取ってくれ旅行会社経由でミャンマーの最大都市ヤンゴンにある大きな病院で私を受け入れてくれるアポを取りマンダレーからヤンゴンまでプロペラ機をチャーター酸素マスクをした状態で飛行機を貸し切りでフライトめでたくヤンゴンの病院に到着しました。

しかし脈拍数は昏睡状態で手の施しようがない言われ仲間は諦めかけていたそうです

結果を言いますと私の生きようとする気力がまだ残っていたらしく

翌日に目を開けました!何とか生きれたんです・・・。

ミャンマーの医療の頼りなさに文句を言うつもりは更々なかったのですがやはり怖いですね海外原因はあのスイカスイカの下に惹かれていた氷がとけてその水をスイカと一緒に口にしてしまっていたらしいです

後日病原菌はリステリア菌ゆう菌だった事が分かりましたこのリステリア菌調べてみましたら海外ではかなりの人数の方が亡くなられていました私が感じた死ぬな間違えていなかったんですね恐ろしい

追い打ちをかける恐怖の請求600万円越え。

更に恐ろしい事が起きたんです請求ですマンダレーからヤンゴンまでチャーター便を飛ばしたこれが何と600万この金額をすぐ払えと来たんですしかも未だ病院のベッドの上です死と生の境をさまよい生還して何とか目を開けたら600万の請求書ですまた目を閉じた方が楽かな思いました。

海外旅行保険は補償してくれましたか?

最初に運ばれたマンダレー市内の病院の請求額が医療費として30万円かかりましたその後マンダレーからヤンゴンまでのチャーター便プロペラ機のフライト料金が600万円ヤンゴン市内の病院から請求の医療費が80万円でした

合計710万円です。

損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険に加入してたので、

私からは医療費の数万円の支払いで解決したのでよかったものの、

もし保険に入ってなかったらと思うと身震いがします。恐ろしい体験でした。

ミャンマーへの旅行者に、注意やアドバイス

ミャンマーやベトナムなど東アジアはまだまだ衛生面良化していません口に入れるものは注意に注意を払って飲食して下さい過剰すぎる注意でもいいと思います。

最低限でも、クレジットカード付帯の海外保険持って海外へ行って下さい

クレジット付帯海外保険は現地仮払い清算が主です私の様な場合仮払いと言っても高額過ぎて払いきれません。併せて、保険会社の海外保険に加入する事をオススメします

安全対策をした上で良い旅にして下さい。

ABOUT ME
藁半紙(わらばんし)
藁半紙(わらばんし)
Macbook片手に世界を旅する自由人。住所不定。初海外から4年で32ヵ国へ。LCCやドミトリーといったバックパッカー的な旅もするが、"旅の裏技"で、ファーストクラスや五つ星ホテルもコスパよく楽しむのが好き。旅そのものが仕事になるライフスタイルを目指す。