マカオ

Holiday inn マカオ・コタイ・セントラルに宿泊。

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)

香港滞在中、弾丸でマカオに行った時にHoliday inn Macau(ホリデイインマカオ)に宿泊してきました。(※2016年9月)

香港では安いゲストハウスを探して泊まっていたんですが、何も調べずにマカオに来てみたら見つからず・・・。弾丸で時間もないので、中心部の高級ホテル街に泊まることにしました。

藁半紙
藁半紙
ヴェネチアン・リゾートホテルほどではないけれど1泊16000円は奮発した!

ホリデイ・イン・マカオ・コタイ・セントラル(Holiday inn)

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)Holiday Inn Macauの外観。

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)

ゴージャスなロビー空間。

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)

天井も高いです。

バーラウンジがオシャレ。

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau) ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)

ホテル内なのにライトアップされた噴水があって驚き。

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)昼間は公園にいるような開放感でした。

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)期待しつつ部屋へ向かいます。

ホリデイ イン マカオの部屋

赤色が映えた、高級感のある空間。シンプルな作りですが、完成された空間だと感じました。

スーペリア・キングルーム 37m

藁半紙
藁半紙
もっと広くても良かったけど・・・笑

デスク周り

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau) ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)

高級ホテルのデスクってカッコイイですよね。仕事するわけでもないんですが、Macbookを置いてパシャり。

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)

メモ用のボールペンがショボいですね笑。

バスルーム

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau) ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau) ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)

歯ブラシや髭剃り。シャンプー、コンディショナー、ボディソープなど、アメニティはさすがに揃っていました。バスローブも。

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)

十分な広さのバスタブですね。

Holiday inn Macau(ホリディイン・マカオ)の立地

ホリデイインマカオ(Holiday Inn Macau)ホリデイ・イン・マカオのオススメポイントは立地です。徒歩で十分観光ができました。

イタリアのヴェネチアをイメージしたヴェネチアンホテルや、パリをイメージしたパリジャンホテルなど、散歩しているだけで楽しめました。

次マカオに行くなら選ぶ、3つの5つ星ホテル。

16000円で、このホテルに宿泊しましたが2度と泊まることはありません。せっかくこれだけの金額を出すなら、コストパフォーマンスがもっと良いホテルを選択します。

  • シェラトン・グランド・マカオ・コタイ・セントラル
  • セントレジス・マカオ・コタイ・セントラル
  • JWマリオット・マカオ・コタイ・セントラル

価格はシェラトンが同価格。セントレジスが+2000円。JWマリオットが+5000円ほど。価格も上がりますが、どれも5つ星ホテルです。値段相応に格も上がります。

なぜ、この3つのホテルを選ぶのかというと、ホリデイ・インとは段違いのサービスを受けられるからです。

  • 部屋のアップグレード
  • レイトチェックアウト(16時まで)
  • ウェルカムギフト
  • 朝食2名無料(マリオットのみ)
  • クラブラウンジへのアクセス無料(マリオットのみ)
藁半紙
藁半紙
なんで、こんなサービスを受けられるかというと、ホテルのゴールド会員になっているから。

マカオに行く前に、ホテルのゴールド会員になってしまおう。

ホテルのゴールド会員とは本来、年間数十泊もして初めてなれるエリートステータスです。ただし、そのステータスを1泊もせずにゲットできる方法があります。

藁半紙
藁半紙
SPGアメックスカードを作るだけ。最短3日であなたもゴールド会員になれるよ。

マカオに行くなら、一度ご検討ください。

ABOUT ME
藁半紙(わらばんし)
藁半紙(わらばんし)
Macbook片手に世界を旅する自由人。住所不定。初海外から4年で32ヵ国へ。LCCやドミトリーといったバックパッカー的な旅もするが、"旅の裏技"で、ファーストクラスや五つ星ホテルもコスパよく楽しむのが好き。旅そのものが仕事になるライフスタイルを目指す。