ヒルトン

ヒルトンオナーズでポイント2倍キャンペーン開始!

先日初めてヒルトンホテルに宿泊してきました。ヒルトン名古屋ホテルに宿泊したんですが、たった1泊で6000ポイントも貯めることが出来ました。

(ベースポイント2000+ダイヤモンドボーナス2000+キャンペーン2000)

今回も、ポイント2倍キャンペーンが開始ということでガッツリポイントが貯められると思うと嬉しいです!しばらくはヒルトンホテルに重点的に泊まろうと思います。

ヒルトンホテルでポイントキャンペーン開始!〜8/31

参加登録すると、2018年5月1日から8月31日までの滞在ごとに、ダブルポイントを獲得!

藁半紙
藁半紙
これは沢山泊まりたい!

ヒルトンオナーズポイントは、わずか5000ポイントでも無料宿泊できるホテルが世界中に50軒弱あります。このダブルポイントキャンペーンを活用すれば、税抜200USD以上のヒルトンホテルに1泊すれば、1泊無料で宿泊出来てしまいます。

藁半紙
藁半紙
え?お得すぎない?

2018年5月現在、マリオット&SPGは、3泊目から750マリオットポイントという残念なキャンペーンしか行っていませんので、集中的にヒルトンホテルに宿泊するのがベストだと思います。

ここでキャンペーンについての3つの疑問が浮上しました。

  • ダブルポイントはベースポイントだけ?エリートボーナスはつく?
  • キャンペーン参加前の予約は対象になる?
  • ポイントはいつ加算される?

一つずつ調べて解決して行きます。

①ダブルポイントはどこに適応される?エリートボーナスは?

「ダブルポイント」キャンペーンの獲得ポイントはどのように計算されるのですか。
ご利用金額$1ごとに、

  1. 10ベースポイント(ホーム2スイーツbyヒルトンおよびトゥルーbyヒルトンでは5ベースポイント)を獲得できます。
  2. このキャンペーンではさらに10ボーナスポイント(ホーム2スイーツbyヒルトンおよびトゥルーbyヒルトンでは5ボーナスポイント)を獲得できるほか、
  3. ヒルトン・オナーズエリートランクボーナスがシルバー会員、ゴールド会員、ダイヤモンド会員に適用されます(獲得ベースポイントから計算)。

ダブルポイントが適応されるのは、ベースポイントに対してです。エリートボーナス分は対象外です。

例:1泊税抜100USDのヒルトンホテルの宿泊の場合は?

  • 1USDにつき10ポイントのベースポイント=1000ポイント
  • ダブルポイントで、+1000ポイント
  • ゴールドなら+800ポイント
  • ダイヤモンドなら+1000ポイント

1泊100USDの宿泊で、
ゴールドステータスなら2800ポイント、
ダイヤモンドステータスなら3000ポイント獲得です!

2泊なら単純にポイント2倍ですね!わかりやすいです。

②キャンペーン参加前の予約は対象になる?

滞在をすでに予約しているのですが、キャンペーンの対象になりますか。
はい。対象となるご滞在のご予約をいただいており、かつご滞在のチェックアウト前にキャンペーンにご登録いただいた場合、キャンペーンの対象となります。ご登録いただいたお客様であれば、いつご予約いただいたかにかかわらず、キャンペーン期間中のご滞在はボーナスポイント獲得の対象となります。

すでに予約済みの場合でも、キャンペーン期間中

③キャンペーンのボーナスポイントはいつ加算される?

ボーナスポイントがヒルトン・オナーズ・アカウントに加算されるのはいつですか。
ボーナスポイントがお客様のヒルトン・オナーズ・アカウントに加算されるまで、ご滞在完了後6~8週間程度かかります。

加算されるのは、滞在が完了した後の6〜8週間後です。ちょっと先が長いですね。加算された後の無料宿泊を楽しみにしましょう!

ヒルトンオナーズ、ダブルポイントキャンペーンに参加

キャンペーン公式HP:https://hiltonHonors.com/doublepoints/ja

キャンペーン画面で、会員ログインをしましょう。

以上で完了です!

ダブルポイントキャンペーンへのご登録が完了しました。こちらのキャンペーンでは、
2018年5月1日から8月31日までの期間中、ご滞在ごとにダブルポイントをご獲得いただけます。

ポイントの獲得には、hiltonhotels.jpまたはヒルトン・オナーズ・アプリでのご予約が必要です。

ダブルポイントを獲得するには、ヒルトンの公式サイトか公式アプリでの予約が必要ですのでお間違えなく!

ABOUT ME
藁半紙(わらばんし)
藁半紙(わらばんし)
Macbook片手に世界を旅する自由人。住所不定。初海外から4年で32ヵ国へ。LCCやドミトリーといったバックパッカー的な旅もするが、"旅の裏技"で、ファーストクラスや五つ星ホテルもコスパよく楽しむのが好き。旅そのものが仕事になるライフスタイルを目指す。