バンコク

バンコクの猫&ペットカフェで至福の時間。

バンコク 猫カフェ

タイ人の友人に、バンコクの繁華街サイアムにある猫メインのペットカフェへ連れて行ってもらいました!

サイアム駅から徒歩すぐにあるアクセス抜群のペットカフェです。

猫好きも犬好きも、動物好きならオススメです!

バンコクの猫カフェ&ペットカフェ、Kitties & Bears Cafe

バンコク 猫カフェ

友達がオススメして連れてきてくれたこのお店。

この猫カフェは入り口が1F、ペットカフェが2F、猫カフェが3F、
とフロアごとに分かれています。

実際には、
2Fにも猫はいますし、
3Fにも犬がいたりするので、

きっちりとした区別はしていないのかもしれませんが、
目安として。

Kitties & Bears Cafeのサービスメニュー

①PETTING ZOO 290BAHT

こちらが2Fのペットカフェの価格。写真の通り、ワンちゃにゃミーアキャットとも戯れられます。

②CAT CAFE 290BAHT

こちらが3Fの猫カフェの価格。

③1+1Package 390BAHT

これがペットカフェと猫カフェのコンボですね。

僕はこのパッケージにしました。

④FOOD TICKET 50BAHT

ペットにあげるようの餌ですね。ちなみに日本でおなじみの「ちゅーる」が販売されていました。

バンコク 猫カフェ

さあ、ペットカフェへ!

バンコク 猫カフェ

まずフロントで出迎えてくれたスタッフさん。

カメラを向けるとこの笑顔!動物好きに悪い人はいない!

コースを選んで、ドリンクを選び先に進みます。

バンコク 猫カフェ

入り口すぐ左手にはリラックスした猫ちゃんがお出迎え。期待が高まります。

バンコク 猫カフェ

靴から室内用のスリッパに履き替えて、

バンコク 猫カフェ

手を洗います。準備が整ったら、かわいいペットたちが待つ二階へ。

ミーアキャットもいる2Fペットカフェ!

バンコク 猫カフェ

広い店内。まずはミーアキャットがいるこのコーナー。

バンコク 猫カフェ

奥には3Fとつながる螺旋階段と、テーブル&ソファ。

バンコク 猫カフェ

そしてカフェコーナーが。

バンコク 猫カフェ

荷物を預けてさあ、戯れましょう。

バンコク 猫カフェ

優しい目をしたワンちゃんが何匹も横になっています。

バンコク 猫カフェ

たまらないこの表情。

バンコク 猫カフェ

つぶらな瞳。

バンコク 猫カフェ

このフロアにはモルモットもいます。

バンコク 猫カフェ

こんな風にミーアキャットとも戯れられますよ!

バンコク 猫カフェ バンコク 猫カフェ

「ちらっ」。

可愛すぎる猫たち!3Fは幸せな猫カフェ

さて、僕が大好きな猫が待っていてくれているであろう猫カフェエリアへ!

バンコク 猫カフェ

女子が大好きそうな可愛らしいインテリアです。

バンコク 猫カフェ

言葉はいらない、可愛い猫をご堪能ください。

バンコク 猫カフェ バンコク 猫カフェ バンコク 猫カフェ バンコク 猫カフェ バンコク 猫カフェ バンコク 猫カフェ バンコク 猫カフェ バンコク 猫カフェ バンコク 猫カフェ

餌を買えば、猫使い?猫天国!

バンコク 猫カフェ

50バーツで日本でもおなじみの「ちゅーる」が買えます。

すると、どうなるでしょう?

バンコク 猫カフェ

猫たちがどんどん近寄っていきます。

バンコク 猫カフェ

こんなフサフサの可愛い猫たちに囲まれるという天国が味わえます。

うさぎもいる。

バンコク 猫カフェ

3Fは猫だけかと思いきや、うさぎコーナーもあります。

バンコク 猫カフェ

さらには、

バンコク 猫カフェ

こんな無防備で寝てるワンちゃんも。

3Fだけでも楽しめてしまうかもしれませんね。

バンコク 猫カフェ

オススメの猫カフェKitties & Bears Cafe

いかがでしたでしょうか?

このペットカフェは、時間無制限だそうなので、

気に入れば朝から晩までずっと入りびたるのもオーケーです。

バンコクに行った時にはぜひぜひ立ち寄って見てください!

バンコクオススメのペットカフェの住所

住所
Soi 1 | 218/10 Siam Square, Levels 1 – 4, Bangkok 10330, Thailand

TEL
+66 2 006 0035

営業時間
am10:30〜pm10:30

ABOUT ME
藁半紙(わらばんし)
藁半紙(わらばんし)
Macbook片手に世界を旅する自由人。住所不定。初海外から4年で32ヵ国へ。LCCやドミトリーといったバックパッカー的な旅もするが、"旅の裏技"で、ファーストクラスや五つ星ホテルもコスパよく楽しむのが好き。旅そのものが仕事になるライフスタイルを目指す。